blog

2018年12月30日(日) 中伊豆ワイナリーヒルズランチ
年末は箱根と修善寺で過ごしています。

昨日は中伊豆ワイナリーヒルズの敷地内にある乗馬クラブへ。
こちらはウエスタンのクラブで(私のクラブはブリティッシュです)
お馬もみんなクオーターホース。
クオーターホースはびっくりするほど温厚で人懐っこくて、
タルエマにも優しく挨拶してくれました。
引退した競走馬のセカンドキャリアを応援したい私は
断然サラブレッド派だったのですが、
クオーターホースの穏やかさにメロメロになりました。
こんなにお馬が優しかったら、すぐ上達しそうです。

急停止や方向転換などウエスタン特有の技も見せて頂き大感激!
レッスンを受けたかったけれど、
タルエマも一緒だったのでまた今度。
富士山を見渡せる葡萄畑や桜並木の中を外乗出来るそうなので、
暖かくなったら絶対また来ます!
いつ来ても清々しい空気が流れる修善寺。
みんな元気に、穏やかな年末が過ごせることに感謝です。

いつも仲良くして下さる皆様、
今年もどうもありがとうございました。
来年も素敵な年になりますように。

今年の記録は今年のうちに、乗馬の記録3回分。

72鞍目→初めましてのソミュール。鞍をのせたら痛くないかなと心配になる程背骨がゴツゴツと出ていました。それもそのはずクラブ最年長の28歳、人間だと80代!すごく元気なおじいさんだから大丈夫と言われたけれど、出来るだけそーっと馬装しました。ソミュールは「駈歩の神」と呼ばれていて、乗っているだけで駈歩をしてくれる、みんながお世話になるお馬だそうです。とても穏やかで真面目で、私も安心して乗れました。
80代でも現役でしっかり運動して、みんなに可愛がられているから、こんなに元気で若々しいんですね、とレッスン後に先生と話しました。お馬も人間も一緒ですね。

73&77鞍目→ジャッカル。ソミュールとジャッカルは駈歩B専門のお馬だそうで、この先何度も乗せてもらうことになりそうです。ジャッカルは他のお馬をよく襲うそうで、ちゃんと駈歩が出た時は上にふわっと上がる感じ、他の馬を襲う時は前へとガッと出る感じと説明されました。はい、ちゃんと違いがわかりましたよ。

74鞍目→久しぶりのベルモット。私のはっきりしない態度も良くなかったと思うけれど、あまりにもベルモットと何もかもが噛み合わなかった...この時のことは忘れてしまいたい。

75鞍目→ハルナメモリー。マンツーマンで正反動の特訓レッスンをお願いしました。ハルナは腹帯を閉める時だけ嫌がって暴れるので前はちょっと怖かったけれど、それ以外は常に一生懸命なのでとても可愛く思うようになりました。この時も張り切ってたくさん走ってくれてすごく楽しかったです。

76鞍目→初めましてのライフパートナー 。彼も24歳なので高齢です。若い頃は障害レースにもたくさん出ていたそうです。レッスンでは重たくて、かなりしっかり扶助しないと動かず久しぶりに汗をかきました。でも途中からしっかり走ってくれました。性格はすごく穏やかでとても可愛い。ちょっとアトピー気味だそうで、撫でてあげると気持ち良さそうでした。

念願叶って今年から始めた乗馬。大好きな乗馬が生活の中に入ってきたお陰で、物事の優先順位がつけやすくなったというか、気持ちがシンプルでいられるようになった気がします。
出来ないこと、苦手なことをしなくてはいけない時に、自分のダメな部分を発見して落ち込んだり...普段の生活だと、もう出来ることしかしていないんだなあとわかりました。
なにより大好きなお馬たちと一緒にいられて本当に幸せ、乗馬が出来ることに感謝です。
2018年12月25日(火) クリスマスディナー
昨夜のクリスマス晩ごはんです。
お料理教室で習ったメニューをそのまま作りました。

大根のポタージュ
プチトマトの甘いマリネ
ブロッコリーとシラスのマリネ
豚のかたまり肉のハーブ焼き
ローストポテト

お肉は、赤ワインで煮詰めたお野菜をソースにして頂きます。
4、5人分の分量のまま作ったので
お野菜のものすごい量にびっくりしたけれどペロリでした。

素敵なクリスマスを!
2018年12月21日(金) イルミネーション
丸の内のイルミネーションはシンプルで素敵。
ペニンシュラのベアはまるまるとしていました。

今年はなぜかやる気が出なくて、
クリスマスツリーもこのまま飾りそうにないので、去年の写真です。
お気に入りのオーナメントたち、
年に一度のせっかくの出番なのにごめんなさい。
来年は飾ります。

久しぶりのジュエリー。
同じ石の組み合わせでデザイン違い、
きれいな色は作ってい楽しいです。
来年の春のジュエリー展を目指して作っているけれど、
間に合うかな。

タルエマのトリミングbefore & afterです。
もしゃもしゃも好きだけれど、すっきりすると若返るね。
パパのポーズ指導も入っています。
織部の器は、先日谷中散策した時に出会いました。
形も可愛くて、食卓の良いアクセントになります。

大根のポタージュ
モッツァレアとビーンズのサラダ
ナスのバルサミコマリネ
鶏肉とポテトのワイン蒸し

大根のポタージュはお米でトロミをつけます。
ポテトのポタージュよりさっぱりして優しいお味です。
2018年12月8日(土) 可愛いリース
プレゼントで頂いたリース、
枝に小鳥がちょこんととまっているんです。
前を通るとふわっと良い香りがして、小鳥ちゃんと目が合います♡
乗馬の記録、3回分まとめて。

66鞍目→メロンパンナ。もう何度も乗っているので、だいぶ慣れました。レッスンでは良い仔だし、愛想がないところも不器用な男の子っぽくて可愛いくなってきました。

67鞍目→最近グレてきたと噂のバルドルチア 。ブラッシングしていて気持ち良さそうだったのに、何かが嫌だったのか急に私を柵の方に押し付けてきて潰されるかと思いました。レッスンでは良い仔だったけれど、安心は出来ませんでした。反抗期なのかな?

68鞍目→2度目のギネス。もっとヤンチャな印象だったけれど、反応も良くお利口さんでした。

69&71鞍目→初めましてのイブキは、障害も馬場もこなせる上級者用のお馬さんだそうです。「男の子なのにもの凄く繊細で神経質なので、そーっと乗って下さいね」とレッスン前に先生に言われました。そーっと乗ってみて驚いたのは、イブキは速歩しても反動がなくてほとんど揺れないということ。こんな柔らかい乗り心地は初めてです。
そしてイブキはとても優しくて素直でよく気が効くお馬でした。馬装中、私がやりやすいように自分から左右に動いてスペースを作ってくれたり、頭絡にも自分からお顔を入れたり、なんて優しいんだろうと感動するほど。
レッスン後に先生に「このレベルのレッスンで、イブキがこんなにリラックスして走っているのは初めて見ました。驚きました。」と言われました。レッスンの参加頭数とか、馬同士の相性、涼しい気候など色々なよい要素が重なったのだと思うけれど、もの凄く嬉しくて、もちろんイブキは私のお気に入りお馬のランキング上位に飛び込んできました。

70鞍目→初めましてのジャッカル。数年前の蓄膿症が治らなくて、毎日ガーゼを取り替えているそうです。鬱陶しいでしょうに、可哀想でした。
このレッスンで初めて駈歩Bに参加しました。時代劇で松平健さんなどがパカパカ登場する、あの乗り方です。駈歩は数歩しか出なかったけれど、今までにないスピードと大きな動きが楽しかった!先生が1人ずつついて馬を繋ぎながら走るので、怖さはありませんでした。繋がってなかったらきっと怖いだろうな。益々乗馬が楽しくなってきました。
2018年12月4日(火) クリスマストランク
10年以上前に描いたトールペイントの作品、
ドイツのクリスマストランクです。
昔のドイツではプレゼントを油紙でくるんでトランクに入れ、
クリスマスまでツリーの横に置いていたそうです。
私はオーナメントの収納に使っています。

正面、両側面、後ろ、蓋、蓋の裏までびっちり絵柄入りです。
外側からは見えない、蓋の裏の天使の絵柄が一番好きです。
url0=http://tallulah.jp//tallulah_blog81.php