blog

2017年5月20日(土) 花器、骨董とアンティーク
i0101i0201
大量のカーネーション。

線描きの火入れにたっぷり活けても、まだまだ残っていたので、
フェントンのガラスの花瓶にもこんもりと。

ピンクと水色の色合わせが好きです。
url0=http://tallulah.jp//tallulah_blog81.php