blog

2015年11月1日(日) ジュエリー展のお知らせです
Tallulah Tallulah
Christmas Collection 2015

華やかなシーズンを彩るジュエリーや、ギフトにもぴったりなリースなどを揃えて、
皆様のお越しをお待ちしています。
ひと足早いクリスマスを楽しんで頂けると嬉しいです。

Date: 2015/11/26(木)~12/3(木) 日曜日はお休みです
Hours: 11:00~16:00

以前にいらして頂いた方には順次ご案内をお送りします。
初めての方でご興味のある方はご連絡下さい。
どうぞよろしくお願いします。
2015年10月27日(火) ザンクト・フローリアン
ザルツカンマーグートから、ドナウ川流域へ移動する途中にあるザンクト・フローリアン。
大きな修道院が中心にそびえ立つ、小さな村です。
ふらりと立ち寄ってみました。
アクセスがあまり良く無いところにも、ふらっと行かれるのが、車での移動のよいところ(^^♪

バロック様式のとてもきらびやかな教会の中には、私たちしかいませんでした。
ちょうどパイプオルガンの練習が始まって、思いがけず素晴らしい演奏を聴くことが出来ました。
2015年10月27日(火) グムンデンの街
1泊したグムンデンのホテルと、部屋からの眺めです。

ザルツカンマーグートは湖の多い地方ですが、それぞれ雰囲気が違って、どこもとても素敵でした。
グムンデンは、観光客はほとんどいなくて、この辺りでは大きな街。
オーストリア家庭には必ずあるという、グムンデン焼きの陶器が有名です。
写真は、グムンデン焼きの女性トイレのサイン。
素朴で可愛いです♡
2015年10月27日(火) ハルシュタットの村
湖に張り付くように佇む村として有名なハルシュタット。
とても可愛らしい村でしたが、「ここは中国?」と思うほど、中国人観光客でいっぱいでした。
20年前は、同じように日本人だらけだったのでしょうね。
2015年10月26日(月) ハルシュタット塩坑
ザルツブルグやザルツカンマーグートの「ザルツ」はドイツ語で塩という意味だそうで、
この地方では昔から岩塩が採れることで有名です。

パンフレットか何かで、ハルシュタットの塩坑を楽しそうに滑り台で滑り降りている写真を見て、
滑り台目的に、塩坑ツアーに参加しました。
まずは標高800mまでケーブルカーで登り、そのあと15分山道を歩いて、
作業着のような服に着替えてツアースタートです。

滑り台メインのアトラクション的なものかと思っていたら、
塩坑跡を説明を聞きながら歩く1時間ほどのしっかりとしたツアーでした。
にぎやかな小学生の団体さんと同じグループになり、ちょっとした社会科見学のようでした。

結局、長い滑り台2回と、最後にトロッコのようなものに乗り、かなりの距離を下りました。
ツアー途中はずっと平坦な道を歩いていると思っていたし、800mの山を降りたと思うほど下ったのに、
結局ツアーのスタート地点に戻っていて、塩坑の中がどうなっているのか謎でした。
2015年10月21日(水) ザルツカンマーグート☆ザンクト・ヴォルフガング
ガイドブックの写真に写っていた展望台の写真を見て、
ちょっと高いところに行ってみたいなと気楽に乗ってみたシャーフベルグ登山鉄道。
登って初めて標高1800mもの高さだったことがわかりました(-_-;)

この日はお天気も良く、青空をバックにアルプスの山々や湖が360度見渡せました。
下りの鉄道の切符が予約制だったことを知らず、待ち時間が2時間もあったので、
山頂にあるホテルでアイスクリームを食べ、ビーフブイヨンスープを飲みながら
(最初はお天気が良すぎて暑くて、日が陰ってきて寒くなった)素晴らしい景色をじっくり堪能しました。
2015年10月21日(水) ザルツカンマーグート☆フシュル湖
ザルツブルグを出発して、湖水地方のザルツカンマーグートに点在する村を巡りました。
この地方には、湖のほとりに佇む可愛らしい街や村がたくさんあるのですが、
それぞれの村に個性があり、どこも雰囲気が違って素敵でした。

宿泊したホテルが面していたフシュル湖は、鏡のようにきれいで静かで、本当に素敵なところでした。
一番のお気に入りになりました。
2015年10月21日(水) 馬車と馬洗い池
ザルツブルグは馬を身近に感じる街でした。
バロック様式の建物の飾りに馬の模様が施してあったり、
街角の抜け道になっている建物や、アーチ型の天井のレストラン・・・
昔ここは馬屋だったのかなと思うような場所がたくさんありました。

そして素敵だったのが、馬洗場い池。
池の端がスロープになっていて、馬がそのまま水の中に入れるようになっていました。
もう使われていないようですが、街中で馬が水浴びしていたところを想像すると楽しい♪
back 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 next
url0=http://tallulah.jp//tallulah_blog81.php