blog

馬の絵を描くのがすっかり趣味になりました。

今回描いたのは...引退してお母さんになる仔、
現役で頑張っている仔、
いつも一生懸命走っていたのに
怪我が原因で亡くなってしまった仔、
乗馬クラブで私を乗せてくれる仔、みんなみんな宝物です✨
2018年10月9日(火) おうちランチ
お友達が遊びに来てくれたので、お昼ご飯を作りました。
唐獅子牡丹のお皿を中心にセッティングをしたら、
なんとなくネイビーxグリーンのテーブルになったので、
スープもグリーンのポタージュにしました。

デザートは頂き物のバームクーヘン。
インパクトのある見た目も楽しく、美味しく頂きました。
2018年10月2日(火) ニャンコのお話
すごく素敵な絵本に出会いました。
可愛くて可愛くてじーんとする、とても深いお話だと思います。
テーブルの上に置いて、1日に何度もページをめくっては、
じーんとほっこりを繰り返しています。
乗馬の記録
先週先々週の分、2回まとめて。

50鞍目→乗るのは初めてのワムウ。前回落馬したので、忖度して大人しいお馬を選定してくれるかと思いきや、まさかのワムウ。落馬の原因の尻っ跳ねをしたお馬さんです。ドキドキしながら乗ってみると、のっそりしていて牛のよう。時々ワムウダッシュと呼ばれる恐怖の暴走をするそうですが(目撃済み)このレッスンではずっと良い子でいてくれました。ほっ。

51&52鞍目→ベルモット。もう5回目なのに、いつも最初は「俺に触んなよ〜」みたいにブンブンされます。少し落ち着いたところでおでこを撫でるとトロトロ優しくなってきて、レッスン中は本当に素直で反応もばっちり。レッスンが終わって降りた途端に、すりすり私に寄っかかってきます←甘える行動だそう。そして目をキラキラさせながら「僕たち一緒に頑張ったね!」という一体感を出してくるんです。このツンデレに私はすっかりやられています。でもそろそろ私のこと覚えてね。

53鞍目→落馬後の忖度一切なしで、またメロンパンナ。前の馬のお尻にどんどん近付いてしまうので注意しながら乗りました。ベルモットと比べると背中がとっても柔らかくて乗り心地が全然違う。ベルモットの背中ってすごく硬いんだなあと改めてわかる。お馬ってそれぞれ本当に違って面白い。メロンは淡々と仕事をこなしているという感じで、終わった後の一体感はないのね。

今日のおやつは栗最中。
暖かいお茶がしみじみ美味しい寒い1日。
すっかり秋ですね。

お皿には可愛い唐獅子さん。
箱根神社の参道で、光り輝くタルエマちゃん。
いつ来ても清らかな空気を感じる場所です。

3枚目は、仙石原のススキ。
ちょうど見頃でした。
せっかく箱根に来たのに、昨日はずっと雨だったので、
主人にパステルを借りて、
携帯に入っている写真を見ながら馬の絵を描きました。
パステルは完全に自己流だけれど、すごく楽しい!

「女の子はやっぱり睫毛ふさふさなのね」
「馬も一重と二重の仔がいる!」と
お馬それぞれの個性を楽しく発見しながら、
夢中になって4枚描きました。

最初に描いたベルモット(右下)は、男らしくしたかったのに
なんだかラブリーになってしまいました。
またリベンジしよう!

乗馬の記録<初落馬の巻>

48鞍目→初めましてのアイプロミス 。何度か同じレッスンになった時に、結構暴れていたので大丈夫かなとドキドキしたけれど、参加頭数が多かったからか、何事もなく素直に良い子に動いてくれました。


49鞍目→メロンパンナ。レッスン参加は2頭だけで、もう一頭の主人が乗っているワムウが機嫌が悪くずっと暴れていました。
そして目の前でワムウがものすごい尻っ跳ねをしたなと思った瞬間、私は地面に落ちていました。着ている乗馬ベストのエアバッグが膨らむ大きな音が聞こえて「あ〜私落馬したんだなあ」とぼんやりわかりました。
その瞬間、馬場にいる全員の視線が自分に注がれ、いけないものを見てしまった...みたいな感じで、さーっと引いていくのも感じました。

転がった視線の先にメロンの脚が見えたので、踏まれないようにすぐ柵の内側へ避難。これは自分でもびっくりな冷静な判断でした。
先生に「どうやって落ちましたか?馬が立ち上がっちゃった?」と聞かれたけれど、全く覚えていないんです。1秒前には普通に跨っていたのに、気づいたら地面に転がっていたという感じ。
たぶんワムウの尻っ跳ねにびっくりしたメロンが、急に反転したのではないかと。人間の体って前進する強い力には付いていけるけれど、回転する力には対応出来ないんですって。

落馬すると馬もショックを受けるそうで、メロンと一緒に馬場の外へ出て、痛いところはないか確認。お尻で着地したようで、他に痛みもなかったし、まだレッスン時間がだいぶ残っていたので、レッスンに戻りました。主人は平然と戻ってくる私を見てびっくりしたそうです。

メロンもクールダウンが必要だったので、お馬さん交代。休憩中だったアイプロくんにまた出動してもらいました。休憩を邪魔されたせいか、あまり動いてくれなかったけれど、私もまだ心身共にドキドキが残っていたので、ちょうど良かったです。

落馬をするなんて想像したこともなかったけれど、こんな感じなのかと分かり、経験値がワンランクアップした感じです。
メロンも大丈夫だったみたいでよかったです。
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 next
url0=http://tallulah.jp//tallulah_blog81.php