blog


タルエマのトリミングbefore & afterです。
もしゃもしゃも好きだけれど、すっきりすると若返るね。
パパのポーズ指導も入っています。
織部の器は、先日谷中散策した時に出会いました。
形も可愛くて、食卓の良いアクセントになります。

大根のポタージュ
モッツァレアとビーンズのサラダ
ナスのバルサミコマリネ
鶏肉とポテトのワイン蒸し

大根のポタージュはお米でトロミをつけます。
ポテトのポタージュよりさっぱりして優しいお味です。
2018年12月8日(土) 可愛いリース
プレゼントで頂いたリース、
枝に小鳥がちょこんととまっているんです。
前を通るとふわっと良い香りがして、小鳥ちゃんと目が合います♡
乗馬の記録、3回分まとめて。

66鞍目→メロンパンナ。もう何度も乗っているので、だいぶ慣れました。レッスンでは良い仔だし、愛想がないところも不器用な男の子っぽくて可愛いくなってきました。

67鞍目→最近グレてきたと噂のバルドルチア 。ブラッシングしていて気持ち良さそうだったのに、何かが嫌だったのか急に私を柵の方に押し付けてきて潰されるかと思いました。レッスンでは良い仔だったけれど、安心は出来ませんでした。反抗期なのかな?

68鞍目→2度目のギネス。もっとヤンチャな印象だったけれど、反応も良くお利口さんでした。

69&71鞍目→初めましてのイブキは、障害も馬場もこなせる上級者用のお馬さんだそうです。「男の子なのにもの凄く繊細で神経質なので、そーっと乗って下さいね」とレッスン前に先生に言われました。そーっと乗ってみて驚いたのは、イブキは速歩しても反動がなくてほとんど揺れないということ。こんな柔らかい乗り心地は初めてです。
そしてイブキはとても優しくて素直でよく気が効くお馬でした。馬装中、私がやりやすいように自分から左右に動いてスペースを作ってくれたり、頭絡にも自分からお顔を入れたり、なんて優しいんだろうと感動するほど。
レッスン後に先生に「このレベルのレッスンで、イブキがこんなにリラックスして走っているのは初めて見ました。驚きました。」と言われました。レッスンの参加頭数とか、馬同士の相性、涼しい気候など色々なよい要素が重なったのだと思うけれど、もの凄く嬉しくて、もちろんイブキは私のお気に入りお馬のランキング上位に飛び込んできました。

70鞍目→初めましてのジャッカル。数年前の蓄膿症が治らなくて、毎日ガーゼを取り替えているそうです。鬱陶しいでしょうに、可哀想でした。
このレッスンで初めて駈歩Bに参加しました。時代劇で松平健さんなどがパカパカ登場する、あの乗り方です。駈歩は数歩しか出なかったけれど、今までにないスピードと大きな動きが楽しかった!先生が1人ずつついて馬を繋ぎながら走るので、怖さはありませんでした。繋がってなかったらきっと怖いだろうな。益々乗馬が楽しくなってきました。
2018年12月4日(火) クリスマストランク
10年以上前に描いたトールペイントの作品、
ドイツのクリスマストランクです。
昔のドイツではプレゼントを油紙でくるんでトランクに入れ、
クリスマスまでツリーの横に置いていたそうです。
私はオーナメントの収納に使っています。

正面、両側面、後ろ、蓋、蓋の裏までびっちり絵柄入りです。
外側からは見えない、蓋の裏の天使の絵柄が一番好きです。
2018年11月25日(日) ベルーフマッシュ
ジオファーム八幡平では、
競走馬を引退した馬の馬糞を利用した堆肥で
有機野菜やマッシュルームを作っているそうです。
このマッシュルームを美味しく食べて、
引退した競走馬のセカンドキャリアを応援出来ます。
詳しくは
TCC FANSを見て下さいね。

新鮮で身がぎゅっと詰まった美味しいマッシュルーム。
私は生でそのままサラダとパスタに、
セットに入っていた立派なニンニクと一緒にアヒージョに、
最後は野菜ソテーで堪能しました。

引退した競走馬の活躍の場を広げ、
馬の幸せなセカンドライフ&キャリアをサポートする
サンクスホースプロジェクトを応援しています。

元気なお馬は再調教を受けて乗馬やセラピーホースになります。
では怪我で引退して、もう人を乗せられない馬は?
ベルーフは大怪我で引退、もう人は乗せられないけれど、
ジオファーム八幡平で元気に生きることで立派に人の役に立っています。
こういう新たな活躍の場がどんどん増えますように。
2018年11月20日(火) 寄せ植えレッスン
センス溢れる友人の寄せ植えレッスンに行ってきました。
たくさん並ぶ花材の中から、好きなものを選んで植えていくので、
それぞれが違う素敵な仕上がり。
私はぐるりと四方見に。
どこから見ても友人チョイスの素敵な色合いにうっとりします。
乗馬の記録、6鞍分。

60鞍目→初めましてのギネス。優しいシンボルと父親が一緒のシンボリクリスエス産駒なので、この仔も穏やかな性格かと思ったらすごく元気でチャカチャカしたお馬でした。

61鞍目→初めましてのロータス。人懐っこくて衝撃的に可愛いお馬さんでした。この仔は競走馬としてはデビュー出来なかったようです。でも素直で賢く素晴らしい乗馬です。競走馬として活躍しなくても、馬はこんなに素晴らしい生き物で人の役に立ってくれます。どの馬にも第2の馬生を生きるチャンスがあるべきだとロータスに出会って改めて思いました。

62鞍目→大好きなシンボル。この日も優しく穏やか、レッスンでも安心安定のシンボルでした。

63&64鞍目→可愛すぎるミカリン、意外とせっかちでやんちゃな面もあることを発見しました。まだ若いものね、子供なんだよね。前を走るハルナメモリー姉さんに近付き過ぎて、尻尾で反撃されると、姉さんの尻尾を齧ろうとしていました。微笑ましいキャットファイトに笑ってしまいました。

65鞍目→お久しぶりのハルナメモリー。この1ヶ月以上、正反動という新しい乗り方の正解がわからず悶々としていました。それで好きな先生にプライベートレッスンをお願いしました。馬によって背中の硬さ、揺れの大きさが違うのですが、正反動がやりやすい馬、と先生が選んでくれたのがハルナでした。このレッスンのお陰で、突破口が開いた感じ、またやる気がすごく湧いてきました。先生とハルナにどうもありがとう♡
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 next
url0=http://tallulah.jp//tallulah_blog81.php