blog

2018年11月12日(月) 染付のセッティング

染付けメインのセッティングで晩ごはん。
ベランダでなぜか今頃咲き始めたラベンダーは
アクアカラーのfentonに挿しました。健気で可愛いです。

柿とカブのサラダ
白菜の豆乳スープ
豚肉とサツマイモのバター煮
新生姜の炊き込みご飯
2018年11月9日(金) 最近のタルエマ

暑くもなく寒くもない気持ちの良い季節を、
タルエマものんびり楽しんでいます。

エマは持病のせいか、
散歩中によろけたり転んでしまうことが増えたけれど、
持ち前のど根性で頑張っています。
タルはそんなエマを優しく気遣ってくれます。
2018年11月6日(火) クッションカバー
クッションカバーが好きで、
気分や季節によって楽しんでいます。
出張でインドに行く主人に「クッションカバーを買ってきて」
とお願いしたら、こんなに可愛いのを買ってきてくれました。
これからの季節にぴったりで嬉しい。
タルーラも気に入ったみたいです。ガリガリしないでね

お花を頂きました。
華やかなバラと蘭も素敵だけれど、
こっくりとした色のダリアと実物が秋らしくて可愛いです。
花器は以前コレクションしていた1940年代のFenton art glass。
うちに来てもう20年近く経つと今気付いてびっくりしました。
骨董市でお迎えした器を早速使った晩ごはん。
暖かみのある雰囲気になるようにセッティングしました。

サラダはキヌアをのせない方が見た目はよかったけれど、
プチプチ食感がアクセントになりました。
リゾットはチーズ好きな主人がチーズをかけすぎて何も見えないけれど、
5種類のキノコがたっぷり入っています。
乗馬の記録、3回分まとめて。

54鞍目→2頭前を歩く馬が跳ねたら反転しそうになったメロンパンナ。メロンはびっくりするとすぐ反転すると分かっていたので、急な方向転換も、今回は45度のところで阻止出来ました。落馬の経験は無駄ではなかった!

55&56鞍目→シンボル(写真1&2枚目)。大好きな馬はたくさんいるけれど、一番優しくてお利口なのはシンボルだなと思います。特にこのところ、急発進したり暴れたりのお馬が続いたので、シンボルの穏やかさがしみじみ心に沁みます。
「シンボルが現役時代に1着になった映像見たよ。本当にかっこよくて立派だったね」と話しかけると誇らしげな顔をした気が♡
レッスンでは正反動が上手く出来ず、背中でボンボン跳ねてしまっても動じずに受け止めてくれました。洗い場でも馬場でも、心から安心して接することが出来る素敵なシンボルです。

57鞍目→初めましてのカーマンライン。まだクラブに来て間もないのかな、普段あまりレッスンに出てこない馬と聞いて緊張したけれど、体も性格もゆったりした感じで乗りやすい可愛いお馬でした。

58鞍目→バルドルチア 。洗い場ではチャカチャ落ち着かず(たかってくる吸血ハエのせい!)馬装が大変だったけれど、レッスンでは素直で乗りやすい良い子さんです。というか賢すぎて、2頭前の馬の行動をしっかり見ているようで、私が扶助する前に自分で判断して動いたり止まったり、まるで自動運転←私の判断指示が遅いとも言う。

59鞍目→3回目のアイプロミス。どちらかと言うと遅い馬のようだけれど、相性なのか、乗っているとなんだかちょっと緊張するんだなあ。何かあっても対処出来る技術や判断力が自分にあれば、きっともっと安心して乗れるようになるのだと思う。練習あるのみですね。
2018年10月22日(月) 武相荘の骨董市
青空が広がる気持ちの良い日曜日は、
早起きして乗馬のレッスンへ。
2鞍乗って、そのあと乗馬クラブからすぐ近くの
武相荘の骨董市へ行きました。
前回来た時は夏だったけれど、
葉が色づいた秋の武相荘も雰囲気が変わってとても素敵。

戦利品は...お目当ての骨董屋さんから、
素敵な器をいくつかお迎えしました。
使うのが楽しみです。

重宝している可愛い唐子の印判。
お箸置きの猫と唐子が一緒に遊んでいるという、
どうでもいい設定が楽しい自己満足の世界です。

レンコンのきんぴらを盛ったお皿は、
以前旅した沖縄の山田真萬さんのやちむん。
大らかな柄と鮮やかな色が素敵で、
色違いのお皿もう1枚とマグカップ2つ選びました。
工房ギャラリーも本当に素敵だったので、
またいつか訪れたい場所の1つです。

ネギ塩冷奴は簡単なのに止まらない美味しさ!
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 next
url0=http://tallulah.jp//tallulah_blog81.php